Blog&column
ブログ・コラム

行政書士に相談できる内容とは?

query_builder 2020/09/14
コラム
advocat-signing-justice-signature

行政書士が法律に関する仕事をしているのは知っているけど、実際どんなことが相談できるのか知りたいという方もいると思います。
行政書士の業務範囲は多岐にわたるので全てを把握するのは難しいかもしれませんが、大まかに知っておけばもしもの時に役に立つでしょう。
そこで今回は、行政書士に相談できる内容について解説していきます。

行政書士のみができる業務
行政書士の業務内容の中には、行政書士の資格を持っている人しかできない「独占業務」というものがあります。
たとえば、出入国管理申請書や営業許可書、遺言の事実証明・民間契約書などの書類作成、自動車登録などが行政書士の独占業務にあたります。

▼個人向けの相談内容
個人向けの相談内容としては、暮らしに関することが主になります。
たとえば、遺言書や相続に関する相談、交通事故やクーリングオフなどの書類作成、自動車登録や車庫証明の手続き、帰化申請などが挙げられます。
他にも様々な業務を行っているので、上記の内容はほんの一部です。

▼法人向けの相談内容
法人向けの相談内容はビジネス関係です。
たとえば定款作成や申請、会計帳簿や内容証明などの書類作成、経営などのアドバイスなどが挙げられます。
法人には、書類作成だけでなくコンサルティング業務も行っています。

▼まとめ
行政書士は様々な業務を行っているので、相談内容も多岐にわたります。
行政書士に相談していいかわからない内容の場合は、ぜひ一度ご連絡ください。

NEW

  • 西宮市内で女性行政書士をお探しの方へ

    query_builder 2020/09/10
  • 行政書士に委任状を頼みたい!種類や書き方について

    query_builder 2020/09/23
  • 行政書士に登記申請を依頼できる?

    query_builder 2020/09/20
  • 行政書士に許認可申請代行を依頼する際にかかる費用とは?

    query_builder 2020/09/17
  • 行政書士に相談できる内容とは?

    query_builder 2020/09/14

CATEGORY

ARCHIVE